月

第101回 イシバシの凡ミスからドラマが!?-東京のスナック・パブ・ラウンジを一発検索!

特別企画

SPECIAL

イシバシハザマのスナックの話

第101回
イシバシの凡ミスからドラマが!?

さて、本日は
『日高屋 三軒茶屋駅前店』へ!
 
え?ここへ来て日高屋??
 
そう。
こんなに落ち着く場所は無い。
 
なぜなら、私はかつて
日高屋の従業員であったのだ。

 
そうなのだ!!
 
私が長らくバイトしていた日高屋の近くの日高屋なのだ!(どうせならバイトしてた店行かんかい、という声は無視して)

 
ええわぁ!
 
安いわぁ!!!
 
酒進むわぁ!!
 
思い出すなぁ。

 
とある日の早朝の事。
 
厨房で1人あくせく働いている私の元へ、まぁまぁイカツイ感じのお兄さんがやって来てこう言った。
 
客「おい、このラーメン作ったの兄ちゃんか?」
 
私「はい・・どうかされましたか?」
 
客「この麺固まってるぞ!」

 
私「あ、、申し訳ありません!」
 
 
ホールのパートのおばはんが調子に乗って、通常麺大盛りは1.5玉のところを2玉にしてやってくれと私に言って来たので、麺機に2玉無理やり入れた為に起こった私の凡ミスであった。
 
パートのオバハンの方を私がチラッと見ると、オバハンは知らんぷりをしていた。

 
私「スミマセン、
すぐに作り直しますので」
 
客「兄ちゃん、兄ちゃんにとって毎日100杯、200杯作るうちのたった1杯のラーメンかもしれんけど、俺からしたら今日初めて食べる1杯目のラーメンなんだよ」
 
コレはごもっともな指摘だ。

 
私が重ね重ね謝ろうとすると
こう言った。
 
客「いや、謝らなくていい。お前が本当に反省してるかどうか、俺が毎朝ここに通ってお前の作るラーメンを食って確かめてやるよ・・・」

 
 
何だこの展開は??
 

 
何なんだこの、ドラマでしか見たことの無いような常連のつき方は!?
 
私はまたパートのオバハンの方をチラッと見た。大げさに「ほぅほぅ」といった顔でうなずいている。
 
私「スミマセン・・・。ありがとうございます!」
 
客「頑張ってな・・」
 
 
そして。

 
そしてだよ。
 
この客はその日以来、
一度も店に来る事は無かったのである。
 
一度もだ。
 
おい。
 
おい!!!!!
 
何やってんアイツ!!!!

 
・・・そんな事を思い出しながら呑む一杯も、また格別に美味いのである。

 
日高屋 三軒茶屋南口店
東京都品川区大崎3-6-17
03-3795-0132
2017/6/13
PROFILE イシバシハザマプロフィール
イシバシハザマ
イシバシハザマは、吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いコンビ。大阪NSC24期生出身。同期に小笠原まさや、若井おさむ、エハラマサヒロ等がいる。 元々は吉本興業大阪本社に所属し、硲が石橋に声をかける形で、2001年4月にコンビ結成。当初は主にbaseよしもとで活動し、漫才をやっていたが受けなかったためショートコントに切り替えた。2005年にABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞を受賞。その後2006年4月、吉本興業東京本社に移籍。
【ネタ動画はこちら!】

メニュー