月

第95回 イシバシが湯島の『すなっく かず』に行ってみた!-東京のスナック・パブ・ラウンジを一発検索!

特別企画

SPECIAL

イシバシハザマのスナックの話

第95回
イシバシが湯島の『すなっく かず』に行ってみた!

さてさて!
 
本日は湯島の名店
すなっく かず!
 
いや・・・。
最初に言うけどもマジでええ店!!!!
 
店内も広くて清潔感があり、
僕が入ってあれよあれよと言う間に
入り口付近のボックス席までパンパン!!
 
超満員!!!

 
そんでもって、
みんな気さくに話しかけてくれるので、
1人でもとんでもなく居心地が良いのだ。
 
カウンター席に座っていた女性客の方とお話ししていると「本当に良いお店はこうやって女性客が来るものよ!」という意見もうなずける。
 
けっこう女性客が多い!
 
それも、これも・・・

 
この和子ママの人柄!!!!
 
豪快に笑っていたりしたかと思えば、さりげなく話しを振ってくれたりと、コレは行って見てくれれば一目瞭然です。
 
自然体の中に
キチッとお客を立てる気持ち良さ!
 
私、太鼓判おしますよ!
 
席パンパンの満席に、そりゃなるよ!

 
たまたま横の席に座っていた飲食店を経営されているお兄さんの話しによると、
 
ここ湯島でも「すなっく かず」はかなりの人気店らしく、それもママの人柄でみんな繋がって友達みたいになるんだとか!

 
そんな話しを聞いていたすぐ直後、
名古屋から出張帰りのお兄さんが入ってきて、すぐさま「帰ってこいよ」の替え歌を熱唱。
 
「帰ってきぃたぁ〜よぉ〜♫」と歌えば
 
周りのみんな
「おかえりー!!」と拍手喝采!
 
本当に自然にみんなが友達になってゆく。
 
コレだな・・・。
コレがスナックだよ。

 
そして私の席の右隣のお兄さんに、なぜかアソコがギンギンになる蜂蜜をコソッともらった 笑
 
何だこの雰囲気は!

 
横の飲食店のオーナーは
昨日奥様とケンカしたらしい。
 
スマップのセロリを歌いながら
「育ってきた環境が違うから勘違いは否めない♫
いや。本当にみなさん!勘違いは否めないんですよ!否めないわぁ!」
と言いだすと周りから
 
「早く歌えー!」
とナイスなヤジが飛ぶ。

 
そして、この店の凄い所が
この皆んなのノリ!
 
私が写真をバシャバシャ撮りながら「顔は隠しますので!」と言うと、従業員の皆さんどころか、お客さん誰一人としてNGがいないのだ!!
 
「全然大丈夫だよー!載せて載せて!!」のノリ!!! 正直、これは今まで行ったスナックの中で初めての事!!!
 
楽しい!!!
これはまだまだ呑むぞぉ!

 
と思っている私に1本のメールが。 
「新橋に23時で」
 
しまった!
こんな日に私は夜中から仕事を入れてしまったのだ。
 
久しぶりに帰りたくないスナックに出逢った私は、泣く泣く店を出る。 

【セット料金】2時間5000円(女性4000円)、飲み放題&歌い放題、おつまみ2品付き。プラ1000円で時間無制限☆


 
本当に入り口付近のボックス席まで
パンパンの満員御礼となった店内を見て私が
「ママ、これは凄い人気ですね!」と言うと、
 
ママが首を横に振りながらこう言った。
 
「いやいや、石橋さん!あなたこれは持ってるわよ!石橋さんが来てくれたからよ!」
 
とどこまでも気分良くさせていただいたのであった!!
 
みんなー!!!
スナックかずへ急げ!!!

 
すなっく かず
東京都文京区湯島3-35-13 安斉ビル1F
03-3836-5488
2017/4/25更新
PROFILE イシバシハザマプロフィール
イシバシハザマ
イシバシハザマは、吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いコンビ。大阪NSC24期生出身。同期に小笠原まさや、若井おさむ、エハラマサヒロ等がいる。 元々は吉本興業大阪本社に所属し、硲が石橋に声をかける形で、2001年4月にコンビ結成。当初は主にbaseよしもとで活動し、漫才をやっていたが受けなかったためショートコントに切り替えた。2005年にABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞を受賞。その後2006年4月、吉本興業東京本社に移籍。
【ネタ動画はこちら!】

メニュー