月

「あんたみたいになりたい!」そう思えた男との別れ...

特別企画

SPECIAL

玉ちゃんのスナック酔滸伝 玉袋筋太郎 zakzak by 夕刊フジ

「あんたみたいになりたい!」そう思えた男との別れ...

 
玉袋筋太郎コラム画像1
松原健さん(左)と私
 

 「あれぐらいほれちゃう男はいないよ!」と、老若男女かまわず人から評されたとしたら、そこまでたどり着いた自分の人生の本懐を遂げたことになるでしょう。「いつかはそうなりたい」と思って生きている私なのですが、なかなかどうして、人様からそのような評価を受ける男になっていないのが現実です。

 

 昨年、東京・新宿の歌舞伎町で「ある男」と知り合いました。男は長い間、歌舞伎町で生業をしてきました。新宿生まれで歌舞伎町で青春時代を過ごした私は、脂の乗り切った7歳年上のその男に対して「オレの地元で長いことやってたって、威張られてもたまったもんじゃねぇよ」と構えていました。

 
 
玉袋筋太郎コラム画像2

メニュー