月

【玉ちゃんの酔滸伝】SNSにはない「褒め」「叱り」の人間関係

特別企画

SPECIAL

玉ちゃんのスナック酔滸伝 玉袋筋太郎 zakzak by 夕刊フジ

【玉ちゃんの酔滸伝】SNSにはない「褒め」「叱り」の人間関係

 
玉袋筋太郎コラム画像1
高田文夫先生
 

 人前に身をさらしている仕事をしている私はついつい人からの評価というものを気にしてしまいます。 人からの評価などというのは後から、なんなら死んだ後に評価される事もあるでしょうがこのSNS時代は自分への即時性の評価を求めがちになり相手の顔や人間性が分かる筈もない匿名の評価を気にしてしまう自分がいるのです。

 

 昔はSNSも何もない時代でした。 ライブでの自分への評価はあらかじめお客様に配っていたアンケートが頼りでした。 打ち上げでは終演後に回収したアンケートを肴に一杯やったものです。

 

 わざわざ面倒なアンケートに回答して下さる方達の評価はおおむね高評価で美味しいお酒を飲む事が出来ましたがアンケートの回収率が100%でない時は「アンケートを書く気も無いお客様もいるんだから今度はその人にも回答してもらえるようなパフォーマンスをしよう」と奮起を促したものです。

 

 それに加えてライブを見に来て下さった先輩やゲストの方達も参加の打ち上げで1人1人が寸評を下さる機会も沢山ありました。 普段は口も聞く事も出来ない様な漫画家の山藤章二先生や名司会者の玉置宏先生に寸評で褒められた時は天にも昇る様な気分になりました。 その度に単純に「また褒められる様に頑張ろう」と誓い舞台に臨んでいました。

 
 
玉袋筋太郎コラム画像2

メニュー