月

【玉ちゃんの酔滸伝】二日酔いの両親と行ったプール としまえんが閉園しても「思い出は一生消えない」

特別企画

SPECIAL

玉ちゃんのスナック酔滸伝 玉袋筋太郎 zakzak by 夕刊フジ

【玉ちゃんの酔滸伝】二日酔いの両親と行ったプール
としまえんが閉園しても「思い出は一生消えない」

 
玉袋筋太郎コラム画像1
思い出をありがとう!
 

 東京都・練馬区にある遊園地「としまえん」が31日をもって、94年の歴史に幕を閉じます。 私も東京の生まれですから小さい頃から遊びに行きました。

 

 それは1977年の夏休みの事でした。 新宿区立淀橋第一小学校の児童だった私に母親が前夜の酒が残った息で「学校のプール行かなくていいの?」と朝からけしかけてきます。 当時、両親は商売をやっていた関係上、帰宅が遅く私もそれを良い事に子供が見てはいけない時間のテレビを見て夜更かししていました。 私は母親の言葉になぞ「知らないよ~」とタオルケットを身体に巻き付け、夏休みの学校のプールをサボろうと、もう一寝入りを決め込んでいました。

 

 小学校での私は成績も生活態度も最悪の問題児で担任からは「小学生不適合者」と烙印(らくいん)を押される始末。 母親としてはせめてこの夏休み中に小学校でのマイナスを少しでも息子に取り返させる為に、プール位は真面目に出て欲しかったのでしょう。

 

 しかし、私は小学校のプールに行きたくない理由があったのです。 それは学校指定のネーム入りの紺一色の海水パンツがどうしてもカッコ悪く、それを履いて泳ぎたくないという理由でした。 せっかく買ってくれた「HANG TEN」の水着で授業を受けようとした時に担任から「その海パンじゃ授業は出られない」と叱られ、それ以来授業のプールも見学しかしていなかったのです。

 
 
玉袋筋太郎コラム画像2

メニュー