月

【玉ちゃんの酔滸伝】芸名で受けた“偏見”から人の判断は慎重に チャラそうでチャラくない安東弘樹さん

特別企画

SPECIAL

玉ちゃんのスナック酔滸伝 玉袋筋太郎 zakzak by 夕刊フジ

【玉ちゃんの酔滸伝】芸名で受けた“偏見”から人の判断は慎重に
チャラそうでチャラくない安東弘樹さん

 
玉袋筋太郎コラム画像1
とってもナイスガイな安東さん
 

 人様の事を見た目や想像で判断してしまう事は良くありません。 私もこの芸名でかなりの偏見を受けてきましたから、人様を判断する時は慎重になる様に心掛けています。

 

 先日、フリーアナウンサーの安東弘樹さんのラジオの番組に呼んでもらいました。 安東さんとはTBSラジオの『たまむすび』で一時期、毎週共演していた間柄。 昼から芸人と局アナのおじさん2人というラジオは異彩を放っていました。

 

 このラジオ番組で昭和42(1967)年生まれの2人は初共演となったのですが、安東さんに対する私のそれまでのイメージは「アンディ」という愛称からか「局アナでバブル時代を謳歌(おうか)し、連日美女に囲まれ合コンをしている業界チャラ男」というものでした。

 
 
玉袋筋太郎コラム画像2
  • 全スナ連

    物件探さないと

  • 全スナ連

    ブログ画像

  • 日刊大衆

メニュー